読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

151209 JFN JAPAN ハロプロ NETWORK ごく一部かいつまんでの文字お越し

f:id:te-fuji:20151218223358j:plain

メンバーは勝田里奈、 小田さくら小川麗奈の三人。勝田さんの肩の力がやたら抜けててリラックスしているのが伝わってくる面白い放送でした。勝田さんと小川さんが二人してずっとへらへらしてんでやんの。最THE高。

 

軽く好きなところだけ打ちますけど勝田さんに対しては一字一句間違えないようにしてますが小田さん小川さんに対してはざっくり「なんか」とか言葉を削ったりしてます。雑です。

 

小田<私さっそく噛んでしまって

小川<かわいいですよぉ~

勝田<こわっ。かわいいですよぉ

 

小田<先週の回からそうなんですけど相当鼻がつまっていまして

勝田<頑張ってくださいよお~

小川<頑張ってぇ

小田<風邪ひいてしまったみたいなんですよね

勝田<ふふっ、お大事に!

小田<小田だけに

 

 クールビューティと呼ばれるでお馴染み小川さん、 衣装でパンツスタイルが多いという話を受けて

勝田<里奈もなんかパンツ選ぶようになった。なんか前までは、前までっていうか小学生とかそれぐらいの時はズボン持ってなかったの。スカート派だったのどっちかっていうと。でもなんか最近衣装とかなんか自分で私服衣装だったら選べるんだけど、なんか最近すごいパンツスタイル?長ズボンスタイルを選ぶようになってて。なんか別にこれ、クールビューティーって自分がそういうわけだとは思ってないけど

小田<勝田さんがクールビューティーっていう流れになってます

勝田<そういう、なんか、そういう心変わりっていうかパンツスタイルといえばなんかそういう感じになったなーと思った

 

小川<あ、パンツスタイルって長ズボンですか?

小田<そうですよ?

小川<じゃあ違いました

勝田<えっなになになに?

勝田<パンツスタイルってなに?本当のパンツ?

小川<違います

 

小川<わたし、ここ…

勝田<ショートパンツ?

小田<ショートパンツ?

小川<それだと思いました、すいません

勝田<別にいいんじゃないそれでも

小川<よかった

 

小田<確かに美人さんですしね小川さんはね

勝田<いや、そうでもないよね

小川<はい

小田<何をゆってるんですか 

 

小田<こぶしファクトリーの中では普段どんなキャラなんですか?

小川<え~、いじられキャラです

小田<おお

小川<なんかぁ、私は他の人と比べて日本語がなんかちょっと変なんですよ。分かります?

小田<ああ~分かります分かります

勝田<えっ?大丈夫?

小川<ふふふふ

勝田<えっ?大丈夫?

小川<ちょっと変で、だからちょっと私が変な言葉使うと「違うよ」とか「なんだそれー」みたいなふうに

勝田<えっ?大丈夫?

 

小川先生によるクールビューティー講座

Q.道路を歩いていて転んでしまった時

勝田:すぐ立ち上がるのが一番。転んだことをなるべく人に見せないためにはそれが一番だと思う。私だったら道で転んだらスッて立ち上がって走ってとりあえずトイレとか個室に逃げる。そしてゆっくり傷口を見て「ウワァー…」みたいな。一人で実感するタイプ。1人でいるっていうのが良いかも

小田<私は転んだら勝田さんとは逆でしばらくその場に。「あぁ…」ってやる時間を作って

 勝田<ええ~、恥ずかしい

小田<周りの人にちょっと心配されておくみたいな

勝田<こわっ、

小田<いや、そういう感じじゃないです!周りの人に

勝田<えっ?構ってちゃんじゃん

小田<そういうことじゃないんですけど、あっ、大丈夫かな、あっ立ち上がったな、はいっOK、歩いた。みたいなそういう見守ってもらう時間を作ってしまうんです

勝田<へー。女子だなー。いいねー

 Q.友達だと思って「○○ちゃん!」と手を振って近づいたら知らない人だったとき

勝田<これね、よくあるんですね、なんか違うの。なんかねメンバーみんな同じ意見なんだけど町中にアンジュルムの竹内朱莉に似た人が多いの。めちゃ多いの!なんか道歩いててちょータケの後姿に似てる人ばっかなの。で、「あ、タケだー」と思って声かけるまでは私はいかないけど声かけようとしたとき「あっ、違う」と思うの。でもね、後姿、あの、髪の、髪色の落ち具合とかー、なんかショートカットでリュックしょってるっていうあの感じが、超似ている人が多くて。そう、これはなんかもうどういう答えとか無いんだけど。本当に多いの。こういうのが

小田<困りますよね

勝田<ホント困る。いっぱいいるから

小田<そんな時れなこ先生だったらどうしますか?

小川<私だったら「あ、失礼しました。すいません」って言って髪の毛をサラッとやってはけてきます

小田<おお、スマートですけど

小川<はけてきますっていうか、どっか行きます

小田<業界用語

勝田<待って待って、どこに?えっ?ステージ上にいる設定なのそれは?

小田<舞台そで

小川<間違えました

勝田<間違えたよね

小川<ねー

小田<髪の毛さらっとや、ら、れ、た、ら…ねえ?

小川<うん

勝田<引く

小田小川<ヘヘヘヘヘヘヘヘ

勝田<引くんだけどwwwwwwwwww笑っちゃうかも

 Q.自分のソロパートで歌詞を間違えた時

勝田<ラララで歌う

小田<逆にアーティスティックな感じですけど

勝田<そう、歌声は最後まできちんと伝えないとっていうね、歌詞は忘れたとしても

小田<モーニングだと佐藤優樹さんがやりますねそうやって…

勝田<歌詞覚えて無さそうだもんね

小田<一回田中れいなさんがお休みした時に「なんちゃって恋愛」を「ああ なんでなんだろう私 夕方になるたび♪」を臨時で佐藤さんがやったときに「アーダッタランタラステルステス(?)」って本当にマイクにのせてて

勝田<ちょうダメじゃん~、ちょうダメなやつじゃん

小田<わかんなくなっちゃったみたいで「タラスタス♪」ってとりあえずリズムを刻むっていう精神で

勝田<やば。はい、先生は?

小川<私が歌詞飛ばしたら「誰?」みたいな感じで周りを見ます

小田<いいやー自分や

勝田<それさあダメじゃん。先生ダメだよ

小田<え、でもソロなんですよ。ソロ

勝田<そうだよ、先生しか映ってないんだよ

小川<ああ~。画面に映ってるバージョンですか?

小田<そうです

小川<画面に映ってたら、ちょっとセクシーポーズで

小田<誤魔化す系

小川<誤魔化す系

小田<他の気を散らす系

小川<はいぃ。そうですよお

小田<なるほど

勝田<先生が絶対だから。これが合ってるんだよ。