読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝田さんとタケちゃんってさ

スマイレージ

勝田さんはタケが好きなのだと分かるものを見てしまったのでガチ恋にならずに済んだーやったーって哀しいやら嬉しいやらな気持ちになってからはや二週間が経過しました。メガバンク夜公演にてイナゴを食して死んだツラをしているタケちゃんの頭を優しい声をかけながら愛しそうにずっと撫でていた勝田さん、ハケるときはタケちゃんの腰を抱いていた勝田さん、その後すぐの握手会で一番後ろのタケちゃんの隣にいた勝田さん。何度も思い出してはため息が出ます。記憶が薄れてしまい今となっては覚えていないも同然なのですが勝田さんは確かにタケちゃんの頭を撫でていたのだと帰宅後に速攻書きなぐったノートを読んで少しだけ思い出します。気持ち悪いですね。我ながらちょっと引いています。じ、きたな。あの時山野ホールの段差席で一番勝田さんの優しい顔を見れたのは自分だけなのではないかと意味の分からない焦りが出たりなんかして。クソ席のみんなはもっと双眼鏡を有効活用しろよ!勿体ないよ!勝田さんのタケちゃん頭撫でレポが少なすぎて気が狂いそうだよ!いやまぁなんていうか、勝田さんのあんな顔を初めて見ました。いや、似たようなことは有りました。1月の熊谷公演で「埼玉は安い」と言ってしまったとかななんが涙を流した例のときです。あの時の勝田さんはまるでお姉ちゃんみたいでなんというか、母性に満ち溢れていました。何度も繰り返しかななんの頭を撫でる勝田さん。裏に行ってらっしゃいとかななんからマイクを受け取ってハケているのを見送った勝田さん。しかしあの時とは違った。タケちゃんの頭を撫でているときの勝田さんは母性以上に恋をしているかのような表情だった。あ、タケちゃんのことを好きなんだとすぐに気付きました。すごく気持ち悪いかもしれませんが勝田さんはタケちゃんに恋をしているのかなって感じました。でもキャピキャピしいものじゃなくて。中3の恋なのに浮ついたものがなくて。ただただ愛しそうにしていた。あまりにもその落ち着きっぷりにお母さんかよ、タケちゃんは勝田さんの赤ちゃんなのかよとすら思った。勝田さんはタケちゃんを産んでそのタケちゃんに恋をしているというところまで考えてやべえ私頭おかしいと頭を抱えながら電車でなんとも言えない気持ちになりながら帰宅したのですが今も考えは変わらずにいたりして。なんかもう。なんかもうなんかもう。正直そんな勝田さんの顔が見れて嬉しかったです。多分今まで見てきた中で一番愛しい表情を見てしまいました。今まで見てきた人間の中で、です。アイドルの楽しい!が全面的に伝わってくる顔とか悔しくて涙を流しているときの顔とか今まで沢山の表情を見てきました。その表情一つ一つが脳みその中に宝物としてしまってあります。でもそれが全て吹っ飛んでしまうような表情でした。嬉しかった。眩しかった。しかしその反面なんともいえない気持ちになりました。ガチ恋じゃなくて本当に良かったと思います。ガチ恋だったらタケちゃんに太刀打ち出来るわけないじゃんと落ち込みます。…うわぁ。こんなに気持ち悪いことを淡々と打つと後で後悔する絶対。なんだかんだで以前ここで打ったクソ長い面白みのない握手レポを今の今まで消していないわけですからこれもなんとなく消さないのかもしれないどうだろう消したい打っておいてなんだけど消したい。勝田さんはなにものなんだろう。勝田さんはタケちゃんにこんなにも愛情を注いでいるのにタケちゃんの本命はふくちゃんなんだよねがかつたけヲタの合言葉だと先輩が言っていました。