読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマイレージええか!?販売促進イベント 握手会(池袋サンシャイン)

本編のレポは後で書くよ。すでに上がっている色んな方のツイッターのレポをカンニングしつつ電車内でゴッテリメモした紙見ながら書こう。ってことで私しか楽しくない握手レポです。またもや自己満足だよ。そしてこれから自分が必死こいて打つと思うと胃が痛い。何も食べる気にならない。筋肉が脂肪に変わってしまうという逆肉体改造している場合じゃない。事故も有ったけど嬉しいことも有ったしなんだかんだでくだらないので隠します。あと宇都宮の時と絶対同じこと打つだろうな。成長しろよ。タケのシャンプーはいち髪のオレンジということ以外に重要な情報は無いです。

 

一回目はまろさん勝田さんかななんめいめいタケちゃんあやちょさん。あやちょがバイバイと言うだけの簡単な順番。まろさんにニカニカと「楽しかったです」と伝えると余裕しゃくしゃくな笑みで「ありがとぉ」言われた。そしてにっこり目を細めて「バイバーイ」。顔が整ってるのに笑うと幼児感が有った。きゃー可愛いきゃーと乙女心爆発してたら勝田さんがぬっといた。わーわーわー!!落ち着かない!「一番大好きです」とビックリマーク沢山付けて告白したら小さい声で「ありがとうございます」と返された。でもすっごいきれいな笑顔だった。前歯が出てた。ウワー!カワイイ!!!聞き取りにくい!!!!と脳内で跳ね回っていたらめいめいがいた。歌にしろダンスにしろキレッキレで男気溢れるめいめいさんがトナカイの被り物をして佇んでいた。愛嬌やべえ。幼い。「たのしかったです」とニカニカして言うと「ありがとうございます!」と跳ねた言葉が返ってきて八重歯が見えた。言うことが無くてパニックになりながら握手してない方の手でピースを作って「イエイ!」とご機嫌だよアピールをしたら「イエイ!」とめいめいもピースを作ってくれて、めいめいの手がやってきた。ごっつんこした。ごっつんこ。ピースとピースがごっつんこだぜ。どういうことだよ。ごっつんこって!おしべとめしべがごっつんこ!以外に使い道が有る言葉なのかよ!やべえ近所の小学生と話をしている気分だ可愛いとやべえやべえと意識がもうろうとしてきてたら今度はかななんがいた。白い。いつでも白いなオラ。馬鹿の一つ覚えのように「たのしかったです」と言うと「楽しかったです」とオウム返し。噂のやつだ!やるなぁ!これはどうだ!「べっぴんさんですなぁ」と馬鹿の一つ覚えをまたすると「ムア~(奇声)いやいやいやいや」と超否定。なんの奇声だ。やべえやべえ。べっぴんだよべっぴん。流されていたらタケちゃんがいた。口がぽえーんとしてた。「シャンプー何使ってる?」とくい気味に早口で尋ねたら「へっ?しゃんぷー?いち髪!」と即座にピョピョンと言葉が返ってきた。ひよこっぽくてかわいいなぁ。「なにいろ?!!!」と目ん玉カッ開いて尋ねたら「ピ、ピンク…ってかオレンジ!」と返ってきた。ひよこだなぁ。かわいいなぁ。でも怖がらせた気がする。完全に引いてた。食いつきすぎて身体斜めった。後悔する間もなく最後のあやちょさんがいた。美人さん。またもや「たのしかったです」と決め込み、あやちょさんが「ありがとう」と言っている途中なのにも関わらずミュシャミュシャかわいい!」と叫んでいた。困っていた。完全に困っていた。あやちょさんが「うん」と答えた。やべえと焦った。焦っていたら係員に押された。あっと思いながら顔面蒼白になりながらヘラヘラしながら手を振った。「ミュシャの解説が読みたいです」って言おうと決めていたのにこんなことになった。売名しないだけマシだと思った。タケちゃんのシャンプーが分かったのでまぁいいやと思ってすぐに回復した。いち髪という情報は分かっていたのですが(そのレポがまた可愛いんだ!!!)、種類が有ってどっちの色なのかずっともやもやしていたので知れてうれしかったです。

 

ここで1部終了だよ。ピリオドの向こう側に行くつもりで2部。

 

2部かななん~~~。かななんの髪の毛ってつやつやしてるよなぁと思い、「シャンプー何使ってますか?」と尋ねたら「シャンプーね、したことない」とニヤニヤかななん。「うそーっ?!」とびっくりした顔をしたらと「アハハハうっそー!」と返されたので青春だなと思った。高校生になってこういうやりとりをしたかったなー…。ははは…。青春…。ここから記憶が吹っ飛んで順番と内容を一切覚えてない。まろさんとタケちゃんだけ記憶が有るけど順番が分からない。まろさんの番になって「大好きです」と伝えると「ありがとぉ」って言われた。何故かさっきより甘い感じだった。ひっ、と思って手を放したら手を重ねあわされた。で、指と指の間にまろさんの指が入ったって言うかなにこれ。えっ。キュッと指先がこう、あっなるほど、こうやって新規ヲタを獲得するんだなっておい。うわっかわいいと思って骨が抜けた。タケちゃんには「ラジオ読んでくれてありがとうございます」と伝えると「ありがとう」とさらり爽やか笑顔。かわいい。口がひよこさんだ。かわいい。「小っちゃい子!」と指を指すと「おおおおお~!」と眼がカッと開いた。鼻の上にしわが寄ってた。かわいかつた。

 

もうだいぶもうろう。3部。勝田さんタケちゃんかななんまろさんあやちょめいめい。

かつたけが過ぎたのでこんなことになった。かななんに「べっぴんさんですなぁ」言って「いやいやいや」されてーの「サンキューベリマッチ」とまろさんに言っての「さんきゅーべりーまっち(ひらがなっぽい言い方)」と返されーの。あやちょさんに「今年出会えて最高でした」と伝えて顔を見るとすごく穏かだった。「幸せでした。ありがとうございました」と言い終わったときにこれまた穏やかな顔で「ありがとう」と返してくれた。仏様だなぁ。胸の奥がじんわり熱くなった。幸せだと思ったら目の前に被り物名人がいた。剥がしの人は自然に人を流す能力に長けているなぁ。気付かないうちに移動してたよ。被りもの名人のめいめいがカッとしていた。目がカッと開いていた。びびって「目力つよっ」と声に出してしまった。その言葉が耳に入った瞬間に顔を斜めにさせてさらに目を開かせる努力をするめいめい。どや。目、ひらいとるで。たくさん寝てないぞ、うつぶせで寝てないぞなめいめいがいた。わーと思って手を振って握手は終わった。可愛かったけど何をしていたのかよくわからなかった。

 

3部のときは私の前の子がええか?!コスプレの女子小学生でメンバーがみんなとろけた顔をしてて幸せな気持ちになりました。勝田さんがすっごい嬉しそうで目がとろーんとなりながら顏近づけて話してたよ。いいものをみたなぁ。ありがたいよお。

 

これ、ある日突然消去する系ですね。うっそーはなくそばばんばんばんまっかなはなーげ!イエイ!…い、いえい…