勝田里奈さんアンジュルム卒業

http://www.helloproject.com/news/10596/


好きで好きでしょうがなかった人が3ヶ月後にアイドルを卒業すると知って、おおそうかとなりました。


おおそうかじゃなくて他にもあるだろうという話なのだけど、この件に関して頭が追いつかないと言うよりももともと何も考えてないような気がして、いい大人なのにこの脳の働かない具合にちょっとゾッとします。


この数年間、なんとなく彼女の活動を追えなかったわけで、彼女の存在をたまに思い出しては懐かしむみたいなそういう時間を過ごして来たからのこの空っぽさでしかないので、みっともないといえばみっともないですね。みっともないな本当に。


卒業おめでとうだとか、今までありがとうだとか、そんな簡単なことを当たり前のことを今はとっさに思えないほどただただ空っぽなので、この空っぽにもうちょっと色んな感情を詰め込んだ状態で彼女の卒業コンサートを見に行きたいです。


勝田さんが将来のことを真剣に考えて出した結論に心の中で背中を押せるように。


今はただただボケーとなってるだけだな、ダメだな。

おぱぶ行ってた話

体調悪いながらにやることがなさすぎて年末年始に暇すぎて打ったのがあったので載せます。この一年のおたく活動の総括を打とうとして、いやいやいやおたく活動してないな?となり、おっぱい活動やな???と気付いてしまったやつです。以下


2018年を振り返るというもの、一昨年も昨年も現場の数が多すぎて途中で諦めるというひどい体たらくでしたね。そんな中で今年もこれに挑戦するのかというと、普通に体調が悪いのでやりたくないっていう。二十代後半になりまして、仕事してても体力と気力の低下を日々感じております。悲しすぎる。マック食べるの最近しんどい。


そんなわけで無理やり振り返りますと、2018年、恋だ!!と浮かれたり胃を痛めたり嫌になったりの前半を過ごし、その反動か後半は一切何かをする気力が湧かず、生きる意味とは……?となりながら穏やかに女子流のライブに足を運んだりして過ごしました。


前半はおっパブの女の子を好きになり延々とやることの全てが、というかもう自分の存在自体が空回りという地獄だったので反動がそりゃもう凄いわけですよ。夏からずっと覇気がない。このまま人生終わるんとちゃうかというくらい覇気がない。


人が言っていましたが普通の人が「学生時代におくるクソみたいな恋愛をしてその不毛さに飽き飽きするみたいなもの」が今までになかったので、それをいい歳してやる痛々しさみたいなものが浮き彫りになりましたね。カナシーオトナジャン。


で、自分はまた誰かを好きになるようなことがあれば、また同じように迷走をするのだろうなぁと思い、今からゲッソリしてしまうわけです。ゲッソリしたくない。かといって今まで通りおたくらしくアイドルにガチ恋して、頭を抱えたり握手会の度に体重が2キロ落ちるみたいな、そういう経験はもうしたくない。


どないしたらええねんっていう。ワガママかっていう。分からなくなってきたので大人しく余生を過ごしたいです。


全部フワフワとした言葉で気持ち悪いですね。具体的に全部書いてやると思ったのですがよくあることをまるで特別なストーリーに仕上げる気持ち悪さみたいなものを露呈させるのキモいと思って書けないという自意識が元気すぎるわけですが。今こうやってダラダラ書いてるのはそれ的に良いの?それはそれで自意識センサーにブレがあり過ぎない?もやもやしてますね。


特別なストーリーでも何でもないのでキッカケのところをガツンと打ちます。暇なんだよ。分かるでしょ。今私寝正月なんですよ。知らんがな。はい、おっパブの話始まるよ。さわりだけだよ。おっパブだけにねってか。あほう


一度2017年の11月ごろに興味本位でおっパブに行き、性の難しさというか、人に触るのが恐れ多くてどうすれば分からなくて、そこに順応出来ない自分に苦しくなったり、知らん大人が見れる場所だというのを存分に受けてもう2度と行かないかもな……となっておりました。


そんな私の気持ちを踏まえることなく友人が「おっパブに1人で行ったのズルくない????」と言い出し、突然翌月頃に夜に「おごってやるから私を連れてけ!!!」と呼び出して来て、またしんどい気持ちになるの嫌だな…でもおごりか…しんどいけどおっぱいか……とフラフラ都内に行ったわけです。打ちながら情けない生き物すぎて笑えますね……。


都内についたらついたで出来上がってる友人に「シラフなの?!?!」と叱られ「そういう気持ちを作るぞ!!!」と勢いのまま入り口で体を押されてHUBに繋がる長い階段から転げ落ちそうになったりギャーギャーしてるうちに最終的に底辺居酒屋に入り、おっパブに今から行くぞだのなんやかんやしてるうちにわいも行くだの、行かないけど行く背中を見るだの友人がやってきたりして。ドラクエのパーティみたいな感じです。伝わらねえよ。


乗り気じゃないと思いつつも酒が入ったことでご機嫌になりながら日の境目らへんの時間でお店に足を運んだところで「今日はもう店終わるよぉ」と黒服のおっちゃんに言われて、マジか!!!!!となってぴーぴーなっていたら女性客入れる店この近くにあるよと紹介して貰えて、そのまま黒服のおっちゃんについて知らん店にゆきました。


因みに行く背中を見るとか言っていた男性はいつの間にか消えてました。消えたタイミング分からねえよ。黒服のおっちゃんが怖くて引いたとかそんな感じでしょうか。いつ消えたんだ。


まあまあ楽しくなりながらも3人でおっパブやぞ!!とはしゃいで入店したわけです。暗くて音楽がやたらデカイ音で流れていて、なんやらすげーことになってる空間です。すげーことになってる様子を打っていいのかわからない。男性に馬乗りになってるそんな装備で大丈夫かと聞きたくなる格好の女の子が見えて血の気が引いてる。打っちゃった。まあそんな具合です。


それぞれがそれぞれ身を乗り出さないとお互いが見れないように分かれて2人がけの席に一人一人腰をかけて待ってたところで無茶苦茶可愛い女の子がこんにちはーと横に座ってきたわけです。でもってそのまま初めての性の目覚め体験をしたわけです。おっパブですからね?!おっパブですよ。性の目覚めいうてもおっパブですけどね?!


なんとなく背中をぎごちなく撫でてみて変だなと思ったら背中毛だと気づくだとか、緊張して情報が多過ぎて五感がこれでもかってくらい仕事をしているわけで、人間の体ってこんなのなんだなとやたらビビりました。


そんな中で爆音で流れる高橋優の明日はきっと良い日になるが凄い嫌で、うっせえよ!!!!ボケが!!!!!と悪態ついたりして、もう頭の中パニックですよ。


店から出て、そのままフワついた気持ちで凄かったね!!!とはしゃいで、都内で少し寝て、同じ服を着てイベントに参加して、イベント後にやっぱり忘れられないと店に行ったら、黒服のおっちゃんがギョッとした顔をして今日は出勤してないよ?!とか言われちゃって、直近の出勤日を聞いて。


みたいな1日が終わって、もやもやとこれが好きなのだろかともやもやもやもや過ごして、そこから先は訳のわからん行動力と盲目と童貞力からのお得意の空回り炸裂ですよ。6月までそんな感じですよ。よくやるなほんとに。


後に友人が彼女を見た時になんかアイドルぽかった、と言っていたんですけど、私はアイドルに一目惚れしたもののその子の職業はアイドルではなかったというか。柵のないおたくってここまで危険なんだと思って。地獄絵図か????


2017年の終わりにそういうことがあり、そこから2018年前半までバタバタしてました。朝に近い深夜に乗るタクシーは運転手の機嫌の悪さがマックスで血の気が引くだの気づくこと沢山ありましたね。別に知らなくて良いことだな。


なんかもう、寿命を削りながら柵のないおたく活動をして迷走して、更に人の寿命も削っていこうとする様を思い出すと誰か私を鈍器で殴って止めてくれ!!!!みたいな気持ちになりますね。これを高校生の時に周りの子達はやっていたんだな………10年越しにやることじゃねえよ……。


色々あったのか無かったのかもよく分かりませんが図々しくお店終わりに会って貰ったりお店にはもう行きませんと宣言して彼女とは店以外の場所で会いたいと伝えたりそれが叶って昼間に遊んだり突然恋心が死んだりそんなに辛くなるなら辞めなよと言いに行ったりぐちゃぐちゃあり、最終的に女の子はお店を夏の初めに辞めてかれぴっぴが出来て、私は私で今は気力がなさ過ぎて抜け殻のようになりつつ、そういうことから片足を抜いてとりあえずヘロヘロ仕事しんどい会社行きたくないと恵まれた環境にいるというのに泣き言言って甘えて過ごしてます。


今はエロいところに極たまに行って、顔面がむちゃくちゃ可愛いぷりあでぃす玲奈の素顔にそっくりな同年代の人に頑張りました、疲れましたと言って偉いねえ……と綺麗なネイルをした手で背中をぽんぽん叩かれてます。完全に足を洗えてなさ。平均すると月に一度も頻度としては行ってないので半洗いとみなして欲しいですね、いや行くなよ。どこも洗えてねえよって感じですね。


そんな2018年でしたね。どんなやねん。2019年はどうなるんですかね。とりあえず疲れたから寝ます


推しメンのDJ姿を見に行ったときの話

暇すぎるのでブログ更新したろと思ったらパスワードを思い出すまでに時間がかかりました。ブログ放置あるあるですね。本当にしょうもないです。最後の更新も続くと思うよ言いながら続かない途中のものでブチ切っていて中々にしょうもないです。続きは多分もうないなぁ。

 

そんなわけで今日は推しメンのDJ姿を見てきます。推しメンってのは夢みるアドレセンスの京佳という女の子です。かわいいね。かわいいんだよ。

f:id:te-fuji:20171029133623j:plain

f:id:te-fuji:20170524112034j:plain

f:id:te-fuji:20171029133608j:plain

まあこんな感じの子です。夢みるアドレセンスというグループの最年少メンバーでかわいいかわいいアイドルなのですけど2017年の志田友美バースデーイベントからDJをやるようになってちょくちょくクラブ系のイベントにやって来てたりしてました。

 

そんな子が5か月ぶりくらいにまたDJやるよってことでそのイベントに参加してきます。

gekirock.com

f:id:te-fuji:20171029134039j:plain

こういうやつ。わりとキャパが大きくて3つステージがあるとかで推しメンはセカンドステージのオオトリをつとめます。21時頃に出番とのことです。

 

そんなわけで今日は20時ぐらいに渋谷につけば全然よいわけです。つまりは暇です。今14時ですよ。昼寝したいな。

 

ということで暇をつぶすために久々にブログの更新をしたわけです。前置きの長さが凄いのですけど自分が見るために書くブログなので書きます。過去にここでスマイレージの全員握手の感想を4000文字以上打つ奇行をしていたぐらいですし前置きがどうとかでないのです。自己満足で始めたのだから自己満足のまま進むよ。

 

推しメンの写真集発売の前日である5/17に推しメンが下北の小さいクラブでDJやるというのと、めいめいが本田美奈子.を演じた舞台が被り、めいの舞台だけは外せないけどどっちも見たいなぁ…どうしても推しメンのDJに間に合わないけど5分でも見たいな…とめいめいの舞台を見た後にダッシュで下北に行ってきました。めいの舞台の会場がマウントレーニアホールと同じビルの同じ6階でCBGKシブゲキというところなのですけど、人が多すぎてエレベータに中々乗れそうにないので階段でダッシュですよ。譜久村ダッシュの何倍の時間をかけての全力ダッシュを決め込んで走りました。普段から運動をしなさすぎて膝がガクガク笑いながらも走る走る。

 

なんとか駅についてあれこれ乗って道に迷いながらも下北について、何だかんだでそれっぽい小さなビルの4階のそこに到着するとクラブなだけあって治安が今まで見てきた中で悪そうな雰囲気でした。視界が少し悪くなるぐらいにけむい。喫煙者に厳しいBerryz工房がここにいたらけむさにブチ切れて即まわれ右をしているレベルでけむい。普通にカウンターで酒を飲みタバコを吸う若者が何人もいるわけです。暗くてライトがチカチカしていていかにも漫画やドラマで見る悪い雰囲気がぷんぷんなわけです。ただのちんちくりんおたくの自分がここにいることのそぐわなさでそわそわしました。

 

他の客はどんな感じなのだろと少し周りを見渡すととDJブースが良く見える場所の椅子に座り、推しメンのファンのための今回のイベント限定のノンアルコールのカクテルを飲んで静かに見ている可愛らしい女の子がいたり、DJブースの目の前でゴリゴリに盛り上がり跳ねる若者とおじさんがぎゅうぎゅう詰め込まれていて、やっぱりそぐわなさにそわそわしました。

 

とりあえず適当に荷物をカウンターの椅子に置いてビールを頼み、ブース内ではしゃぐ推しメンを見ながら一気飲みをして頭をくらくらと麻痺をさせたりしてしょうもないことをしていると、ふとした瞬間に推しメンと視線があって手を振られたのでした。いやもうこれ本当にちょろいですけどこんなんで簡単に好きになっちゃうんですよね。吊り橋効果って大昔から言われてますけど、バカに出来ないなって思いました。いやもう危険だよお帰りたいよおというところのドキドキと恋愛のドキドキがぐちゃぐちゃになるって理論、ばっかじゃねーの!!!と思っていたのですけど普通に有るわ!!!って納得しました。ばっかでーす…。

 

5分見れれば良いと思っていたのになんだかんだで倍の時間ぐらい彼女の姿が見えてほくほくとした気持ちになったところでDJの時間が終わり、一通りイベント限定のノンアルコールのカクテルの宣伝をしたりして、もう帰りますよつって。小さいクラブなので演者が去るときも裏口からなんてことはなく、客と同じ入口まで戻るわけで、目の前を通ってく推しメンのあまりの近さに柵がないことの怖さを感じてオーバーなくらい身体をどかしたりして。

 

こういうときリアルに自分の顔ってひきつるんですよね。悪いことをしているときって悪いことしてることの罪悪感で苦しくなるんですけど、柵が無いことが自分にとって罪悪感を抱かせるって中々の調教され加減ですよね。ちょっと思い出しながら怖すぎて引いてきました。ゴミ袋に荷物入れないということに対しての罪悪感は特に無いので調教レベルはそれほど高いものじゃないようです。

 

で、彼女がマネージャーと共に店から出た背中を見ながら、自分も終電ヤバいやん!帰れなくなる!!!泊まる金がない!!タクシー代出せない!!!帰る!!!!!と一瞬にして青ざめて、イベントはまだ続くものの自分も帰ることにしたのでした。埼玉在住のくせに割と不便なところに住んでいるので10時らへんでめちゃくちゃ焦ります。ってことは今日のイベントもやばいですね。明日会社だしね。こわすぎますね。気を付けます。

 

で、終電のことを考えながら店を出るとエレベータの扉が閉まったのがなんとなく見えて、あーこれに乗ったんだナァと思いながら、さくさくと階段を下ると階段下りきったところでエレベーターの扉が開く音が背中で聞こえました。あなんかこれやばいやつじゃん、ストーカーまがいと思われても仕方ないじゃん、えっ案の定じゃん、なんでこれ想定してなかったの?頭おかしいでしょ、ていうかこういうこと多すぎない?と頭真っ白になりながら、そのままスタスタと駅に向かって歩いていると推しメンが私の名前を叫んできたわけです。

 

おおお???となりながら、歩きを止めないまま振り向くと私の進行とは逆方向に歩きながらご機嫌な顔をした推しメンが見えて、スタッフのおじさんを指さして「セクシーリーダーシップおじさん(おじさんの乳首がTシャツからくっきり浮いているのを見てツイートしたものをエゴサ大好き推しメンがいじってきた)だよ!バイバイ!!」と叫んできて、それを見てなんだか胸がきゅーんと来てしまい、アアァ…好き…と思いながら「バイバイ!また明日!」と叫び返して帰ったという、それだけのお話でした。お話の肉付きばかりが多くて内容がそれ???となるばかりですけど良いのです。それなのです。

 

自分の行動はなかなかヤバい奴で、かなり危険だと思われかねない中で普通に普通の扱いをされたのが嬉しかったとか、青春時代にこういう「また明日!」って言い合うやつをあまりまともにして来なかったので青春を取り戻した感あったとか、11人いる!の「未来へ!」感があったというか、とにかく帰りの電車の中でじんわり来て泣きそうになりました。

 

以上です。

 

ってことでまだ時間が余ってるので一回寝ます。

おつかれさまでした。

2016年が終わってました1

 

久々のブログ更新です。気が付いたら2016年が終わってました。あっと言う間の一年でした。この一年は主に仕事の方が安定したというか、2015年12月に転職して今の今までありがたいことに職を変えず過ごしています。イエイ!もう履歴書は書きたくないよイエイ!そんなこんなで2016年は土日祝以外はみっちり社会人をしたわけです。偉いね。今日も会社行きたくないと思いながらそんな気持ちを誤魔化すためにコンビニで買った美味しいのか分からないコーヒーを飲みながらふらふら歩いて会社に行きました。偉いです。

 

そんな偉い社会人アピールはさておき、社会人していない時間は何をしていたのか記録に残して読み返したいと思ったので2016年に参加しました現場を簡単にサクッと振り返ります。

続きを読む

りなぷ~こと勝田里奈さんのバースデーイベントに参加してきました

18歳の誕生日祝って来たで~~~!!レポったるで~~~!!!と意気込んでノートにメモをしまくりましたけどお手本みたいなレポを見つけました。イベントの詳細これで全部やん、打つことないやん。あと私が見たのは水はボルヴィックということと勝田さんが拍手をしたときに細い二の腕の肉が波を打っていたってことぐらいやんと思ったのでそこらへんは今回割愛します。イエーイ!!!楽した!!!!!

そんなわけで、どんなわけで。色々打ちたいはずなのに何を打てばいいのか分からなくなってきました。どないしようね。どうもしません。

今回のバースデーイベントの流れはさわやか五郎登場→勝田さん登場→みんなでハッピーバースデーと歌う→アンジュルムのメンバーを例えるコーナー→ヲタが投稿したお悩みにランダムに回答して無理やりに解決をするコーナー→ライブコーナー→挨拶して終わりってな流れです。

文句なしのレポが既にあるわけですし見たものを記録に残したいというよりも頭の整理をしたいので思ったことをだらだら打ちたいマンなのでライブの「揺れる想い」を中心にガンガンいきます。限定的すぎるだろ。40分ほどのイベントで5分にも満たないことだけ打つのってなんでやねんって話だよ。知るかよ。わいは人の為やなくて自分のためにしか打てないんや。使命感などないしいつも目に焼き付けたいんや。どうでもいいけど目に焼き付けるブーム来てます。この瞳でスクリーンショットしたい。

で、で、今回のバースデーイベントではZARDの「揺れる想い」が歌われました。今までこういうソロで歌う機会のときにハロプロ以外の曲を選ぶことってそうそう無くて、過去に一度だけ、ライブハウスツアーで西野カナの「私たち」を歌ったことがあったぐらいだったと思います。その「私たち」がとてつもなく素晴らしくてまた聞けたらいいな~と思い、調度一年ぐらい前の勝田さん17歳おめでとうなバースデーイベが視野に入ってきた時期に握手会でなんとなく勝田さんに尋ねたことが有りました。


めちゃくちゃかわいいな。この握手レポの勝田さんめっちゃくちゃかわいいな…。ごめんね……握手レポちょう好き…そんなことはどうでもいいよ…。

その当時、福田花音さんが20歳のバースデーイベントで岡村孝子の「夢をあきらめないで」を歌っていたのがDVDに収録されていたので、バースデーイベントでハロプロ以外の曲を歌うことも有るんだ!いつか勝田さんも歌うかも!と思っていたのですけど、勝田さん本人に「基本ないよ」と言われたらこれからも無いのかもなぁ~となんとなく諦めというか、まあそうだよね~~~と納得をしました。

そんなときにふとやってきたZARDの新しいアルバム発売についてのブログ更新。

 

最近は、毎日ZARDさんの歌を聴いています!
大好きなんだ~!
家に15th anniversaryのアルバムがありますが、最近25th anniversaryのアルバムが発売されましたね!


ZARDさんいい曲ばかり!
こうして音楽がずーっと人の心に残り続けるって本当に素敵なことですね。


私が特に好きな曲は、[ハートに火をつけて][oh my love]です。^ ^


でもきっと私よりも皆さんの方がZARDさんに詳しいだろうな!
好きな曲はなんですか?

 

昨日書いたZARDさんのことを書いた記事のコメント全部読ませていただきましたがずっとうんうん。と思いながら読んでました。


本当に選べないほどいい曲だらけなんですよね。
だからみなさんが曲名をあげてコメントしてくれてるのをみてあれもいいよな~とか思いながら読んでました。

 

こんなにもアンジュルムのファンの方にZARDさんを好きな人がいっぱいいるなら、いつか歌えたらいいなぁ、と思いました^ ^

 

勝田さんの書く文章かわいすぎかよ…たまらねえなおい…可愛すぎて中身が全然入って来ねえよどうにかしてるな可愛いなちくしょう…どうにかしてるのはてめえのツラですね。ごめんね。

このブログを読んだ時に勝田さんの歌声でZARDが聞けたら幸せだなぁ、勝田さんの優しい歌声にめちゃくちゃ合ってるなぁ…としみじみ感じたのですけど、基本バースデーイベントにハロプロ以外はないよなので、どこかのライブハウスで歌うんだろうなぁと考えていました。

そんでもってライブハウスで勝田さんのソロを私は聞くことが出来ないんだろうなぁと。出来ないっていうかライブハウス公演があまり好きじゃないから行かないっていうだけなんですけどね!体力無いから遠征なるだけ避けたいし身長低いから遠征しても見れなかったら怖いとかそんなわけですよ!ライブハウスに対する不満を吐き出すのは今じゃねえだろ!勝田さんのバースデーイベントの感想なのにどこに着地するのか分からねえよ!隙あらば脱線したがるよ!

なので、ZARDを歌う勝田さんは大きな希望であって、そんな希望が叶う機会は自分には訪れない。そんなこの世は地獄、死あるのみ。聴いたおたくは全員殺す。広辞苑の角で殴る。と考えて生きてきたわけです「いつかZARDを歌う勝田さん、でも聞けない」というもやっとしたものを胸に抱いてきたわけです。あやちょは花音ちゃんを抱くけど私は劣等感しか抱けないクズなわけです。イエーイ!!!!クズだよ!!!!クズじゃねえよ!!!!立派に生きてるんだよ!!!

というぬめったものを抱きつつ、18歳の勝田さんはどんな曲を歌うんだろう、何曲歌うんだろうと浮かれたり、でも基本ハロプロはないよと浮かれた自分の頭に冷や水をぶっかけたりしながらもバースデーイベントに参加しました。

 

 そんなぬめり気を落としてのピュアいツイート

 

とにかく今回のイベントの何にも残らない、ただのヘラヘラとした楽しいだけのちゃらんぽらんな雰囲気がすごかったです。って打つとクソ批判みたいですけど、ずっと楽しいのだから全然有りですよ!

巨大ハリセンを使ってオタクの頭に殴りかかる推しメン見れることこれからの人生でそうそうありませんからね!!!ちょう笑顔ですからね!おたくも勝田さんもみんなだらしなくヘラヘラしていますからね!「握手会で緊張してうまく話せない」という相談には「子どもだと思って見下した気分で握手すればいいんじゃないですか?」「私たちを下に見てください」ととんでもないアドバイスをぶん投げ、色紙に毛筆で勢いよく「下」と書いたものをプレゼントしたりしているわけですよ。楽しくないわけがないだろ!!!!!

私は偉いおたくでもなんでもないので高尚なイベントをやってくれとは思わないよ!!!しょうもないただの楽しいイベント大好きおばさんですよ!!!!

で、ヘラヘラと長々とおたくの悩み相談をさらさら答え続けたりなぷ~さんのライブコーナーが始まり空気が一変して、くだらないものの後に見せるギャップをこれでもかと見せつけられました。

オシャレ!でしんみりさせて揺れる想いでしんみりさせてOVER THE RAINBOWでしんみりさせて。しんみり曲しかないなと今になって気づきました。今までのバースデーイベントは春を意識した選曲だったのに今回そうでもないや。意外だなぁ。そっか。いいイベントだな。いいイベントでしたね。

終わりません。しんみりの一言で揺れる想いの感想を締めそうになりました。あぶねえよ。ここまでが前説だよ。なげえな。自分が振り返って見るだけのブログなのに自分でも嫌気がさす。インタビューズがなくなったことによる影響をここで感じる。だからなんだよっていう。なんでもないです。自分しか読まないっていう思い込みが強いのでここまで気持ちよく一人遊びで打ちまくってる。

話を戻します。2015年3月18日のアイドル三十六房に福田花音ちゃんがゲスト出演したときに勝田さんのバースデーイベのセトリについて触れていたことがあったんですよね。

 

メンバーのファンクラブのイベントとかってメンバーがセットリストの案を出したりとか歌いたいカバー曲とかをやったりするじゃないですか。


それを誰が何歌ったのか私すごい調べるんですよ。セトリ。被らないようにじゃなくてセトリを調べてその人への評価が変わります。


割と勝田里奈ちゃんも自分を分かった選曲してきますね。


こんな感じでさらっとメンバーが勝田さんの客観性に触れていたのが勝田ヲタとして印象に残ったのですけど。勝田さんってソロに定評が有るじゃないですか。あるんですよ。あるのね。勝田さんは決して無理をせず自分が歌える曲で自分の声質に合っている曲を選ぶのが本当に上手くて、そしてそれを見事に歌いこなす人。℃-uteのI miss youを選ばない、自分がベストを尽くすには何を歌えば良いのか恐ろしいくらいにちゃんと分かっている人なんです。アイミスユーをソロで歌おうと選ぶ女なんていねえよ。例えを間違えました。

そんな勝田さんが選んだ「揺れる想い」。「緊張してますが、歌いたいと思います」という前置きをしてから歌う勝田さんの歌声がつたないんです。正直な話、少し戸惑いました。低音めっちゃ苦労してるし、顔も不安げで、でも不安な顔を浮かべながらも笑顔を絶やさなくて。マイクを持っていない方の手を胸に当てて一音一音を丁寧になぞっていて合間に少し咳込んで。こんな勝田さんを見たのは初めてだって衝撃でした。

今まで勝田さんは選曲をする際に歌いたい曲を選び、その中で歌える曲というものを最重要視してたと思うのですが、この「揺れる想い」に対しては「ファンの人が聞いて喜ぶから」というものを一番の軸にして選んで、歌えるか歌えないかは割と二の次みたいな。

最終的に歌いやすい歌え難いで曲をふるいにかけていたのに、この曲は勝田さんにとって歌い難いけど挑戦したい、歌い難いけどきっと聴いた人が喜んでくれるからということを強く考えて選んだ曲なんだって思ったらすごく嬉しくて優しくて、勝田さんの温かみに触れたような気持ちになりました。

挑戦したいだけだったら自分が好きな、ハートに火をつけてやoh my loveを歌えば良いだけじゃないですか。名曲だからめっちゃ聴きたいですけどね!!!でもブログコメントをうんうん。と思いながら読んでくれて「揺れる想い」が良いかなって選んでくれたんですよ?!?!めっちゃ寄り添ってくれたわけですよ?!?!!!愛されてるよ!!!!!!!!!!!!めっちゃ私たち愛されてる!!!!!!!!勝田さんに愛されてる!!!!!!!!すごいね!!!!!!すごいよね!!!!!!!!!!!語彙力のなさ!!!タコが!!!!!!!!!!!!!私は空気を読まずにスラムダンクが好きと言う理由でブログコメントにマイフレンドをあげたけどね!!!!!!!!!まあそれはさて置けや!!!!!!!!!!!

しかも二回目では「揺れる想い」を見事に低音もきれいに歌い上げてニコニコしてましたしね!!!!!!!適応力!!!!本番に強い!!!!!!!!!こんな最高な人見たことある??????????????????勝田さんステキやろ??????

 

そんなこんなで18歳になった勝田さんを観に行って誕生日おめでとうと祝うどころか、完全にこっちが祝われたかのような気持ちになり、帰り道よたよた歩きながらこれからも勝田さんについていきますと誓ったのでした。

 

締め雑ですね。

おやすみなさい。